最近の家族葬とは

最近の家族葬のメリット・デメリット・マナーなど

最近の家族葬のメリット・デメリット・マナーなど 家族葬という言葉をよく聞くようになりました。これは家族、近しい親族、親しい友人のみで行われる葬式のことを指します。誰を呼ばなければならない、というきまりはなく同居の家族を中心に、皆でよく話し合って決めることができます。故人を親しく知るごく内輪の葬式だと言えます。葬儀社によって、何を家族葬と呼ぶかにも特に決まったものはありません。それぞれの葬儀社の定義は異なる場合があります。

家族葬のメリットはいくつかあります。通常のお葬式だと、家族や身内の方とのお別れは後回しにされることが多いです。しかし家族葬は本当に近しい人だけで行われるため、故人と十分満足できるお別れができるという特徴があります。時間的にも通常のお葬式のように大勢の人々が集まるわけではないので、短時間で済みます。デメリットとしては、本来連絡しないといけない生前お世話になった方々に葬儀に参列していただけない、ということがあります。通知をしっかり行っていないと、後から参列していない方から香典を頂いたりして気を遣うことも考えられます。

家族葬を選択する人々は増加傾向にあります。なぜ増加しているのかと言いますと、いくつかの理由が考えられます。まずは社会全体が高齢化していることが挙げられますが、本人が家族葬にしてほしいと遺言を残している場合も多いです。遺族はたくさんの方々に来てほしくても、最期は家族だけで見送ってほしいという故人の思いを尊重して家族葬にするというケースもあります。この場合は、家族以外の参列したいという方にも、故人の遺志だからと伝えると比較的理解してもらえることが多いです。もちろん、遺言がなくても、遺族の思いで家族だけでゆっくり偲びたいというケースも多いです。

では、家族葬を行う際のマナーについてチェックしましょう。まずは参列する場合のマナーを紹介します。まず、原則として家族葬は遺族から参列のお願いがあった場合のみ参列するようにします。葬儀の案内があった時には、通常の葬儀と同様で黒色や暗めの服を着て参列します。子どもの場合は制服があれば制服を、ない場合は暗めの洋服を着せるようにしましょう。そして、普通の葬式と同じで香典を持参します。もしご遺族にお悔みの言葉を述べることがあれば、忌み言葉は慎しみましょう。

逆に遺族側で家族葬で気を付けることは、まずは何といっても家族でよく話し合うことです。事前の話し合いがないなら、遠い親戚や故人の友人などから反対の声が挙がるかもしれません。故人の遺志は亡くなってからだとなかなかしっかり伝わりません。トラブルを避けるために、しっかりと周囲に伝えておきましょう。

お知らせ

  • [2019年10月01日]
    ホームページを更新しました。

  • [2019年10月01日]
    運営者情報を追加しました。